2014年06月08日

鳥の版画(Audebert & Vieillot)を買いました

2014060801.jpg.JPG

鳥の銅版画を買いました。美術店によると、ドイツのアウグスブルグで開催される美術オークションで入手したもので、20世紀ドイツのものとのことでした。実際は、オードベル(Jean-Baptiste Audebert)とヴィエイヨー(Louis Jean Pierre Vieillot)が1800年ごろにフランスで出版したものだと思います。

昔は欧米では、図鑑は小冊子として雑誌のような形態で発行され、製本は購入者にまかされていたようです。その図版を美術品として額装して飾ることが多く、これもそのようにして保存されていたのでしょう。

オードベルとヴィエイヨーについては、日本語では情報が少なくてよく分かりません。未読ですが、荒俣宏『黄金の鳥』 くらいでしょうか。

続きを読む
posted by yanagisawa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月07日

上野東照宮に文鳥がいた

上野東照宮に文鳥がいると聞き、見に行ってきました。

ことりとあそぼ! 上野東照宮の彫刻 http://sorarun.blog107.fc2.com/blog-entry-752.html

門のところまでは無料です。

2014060711.jpg.JPG

この門に向って拝礼している人が多いのですが、私が門の向こう側で模様を見ている最中に、私に向って拝礼されると、どうもすんませんという気分でした。

2014060712.jpg.JPG

門の向こうに入るには500円払います。透塀に文鳥の姿がありました。

2014060713.jpg.JPG

日本における文鳥の最古の記録は、1697年刊の本朝食鑑となっています。現在の上野東照宮の建築は1651年なので、当初から文鳥だったのならば、これが日本最古の文鳥になります。(色が剥げているところを、塗りなおして修復しました。形だけから文鳥と言えるかといえば、よく分からないですね。)

2014060714.jpg.JPG

雀は粟穂を食べていました。

2014060715.jpg.JPG

私が気に入ったのは、この虎のおっぱいのレリーフ

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

換羽終わりました(ほぼ)

ララビスは、ここ2カ月くらい換羽中でしたが、終わりつつあります。

2014060701.jpg.jpg

2014060702.jpg.JPG

昔と比べると、穏やかな換羽で、それほど不機嫌にもなりませんでした。

2014060703.jpg.JPG

2014060704.jpg.JPG

換羽中はゆで卵をよく食べていました。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

posted by yanagisawa at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月07日

TOEIC体験記

3月に受けたTOEICの結果が出ました。リスニングが470/495、リーディングが410/495、で合計880/990でした。3か月くらいの期間、勉強したことを書いておきます。

2014040701.jpg.jpg続きを読む
posted by yanagisawa at 15:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月05日

双子素数予想の解決は近い(かも?)

約数が2つだけしかない正の整数を素数と呼ぶ。素数は、小さいほうから、

 2, 3, 5, 7, 11, 13...

と無限につづく。

では、隣り合った二つの数が二つとも素数になることはあるだろうか? それは、(2, 3)のペアしか存在しない。(N, N+1)のどちらかは偶数になってしまうが、偶数の素数は2だけだからだ。

そこで、距離が2であるような二数(N, N+2)がともに素数になるようなペアを考えてみよう。このようなペアは、多くの例が知られている。

 (3, 5), (5, 7), (11, 13), (17, 19), ...

このペアになる素数(N, N+2)を双子素数(ふたごそすう)と呼ぶ。双子素数はいくつ存在するだろうか? 多くの数学者は無限に存在すると考えているが、まだ証明されていない。
続きを読む
posted by yanagisawa at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月28日

国産の餌

2014022801.jpg

こんぱまる、という店でララビスの餌を買いました。稗(ひえ)と黍(きび)。(通販はここから。)国産無農薬の餌としては割安です。

2014022802.jpg
ララビスは気に入るでしょうか?

2014022803.jpg 2014022804.jpg
普通に食べていました。とくに好き嫌いはない様子。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 文鳥の餌

2014年01月16日

昭和の文鳥ブーム

昭和30年代、40年代には小鳥を飼うことが流行したらしいです。私はよく知らないのですが…(←若いふり)

194474118.jpg

その頃の画像をここに載せておきます。

続きを読む
posted by yanagisawa at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ボブリシャス‐可愛い汚嬢さん

ボブリシャスという人がスパゲッティを食べる姿があまりにだらしなくて、惹き付けられてしまった。



続きを読む
posted by yanagisawa at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月11日

大英博物館に世界最古の白文鳥の絵があった

大英博物館のサイトで最古と思われる白文鳥の絵を見つけました。

AN00782091_001_l.jpg

1842年頃に作成された「鳩小禽等図」と呼ばれる絵のシリーズが、東京国立博物館にあり、一部が大英博物館に所蔵されていることが知られていました。これはその一枚ですが、以前は、ウェブサイトには掲載されていなかったものです。おそらく、不完全な絵で、他の絵にある説明書きも欠けているからだと思います。

白文鳥の記録は前に記事にした1865年の英語のものが最古で、江戸時代の日本の記録ではやや怪しいものが一つあるだけでした。

背中の灰色が弥富型の白文鳥の特徴をはっきり示していて、貴重な絵だと思います。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

そうだ、TOEICを受けよう

英検の勉強をして面白かったので、こんどはTOEICを受けてみようと思いました。TOEICというのは英検と並んで有名な英語の資格試験で、大学生や社会人は英検よりもTOEICを受けることの方が多いようです。リスニングとリーディングそれぞれ100問ずつあって、その結果を990点満点のスコアに独自の方式で換算するテストです。

続きを読む
posted by yanagisawa at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記