2022年06月05日

ごんちゃん逝去

今夜、ごんちゃんが亡くなった。16歳と3か月だった。

換羽が始まって、調子が悪そうな感じはあったものの、昼間はいつものように私とおしゃべりしていた。夕方外出して帰ってくると、落鳥していた。

ごんちゃんは以前住んでいた近所のペットショップの看板鳥だった。いつも店頭に籠が置かれて、その中にごんちゃんはいた。値段はたしか、9万円くらいだったと思う。九官鳥って高いんだな、と思った。

ある日、私が店の中で小鳥を見ていると、背後で、九官鳥に話しかけている男がいた。その男は「おはよう。」「ごんちゃん」と何度も呼びかけていたが、九官鳥の返事はなかった。いい加減諦めればいいのに、と思って振り返ると、誰もいなかった。男が九官鳥に呼びかけていたのではなく、九官鳥が私に呼びかけていたのだ。

それからしばらくたって、そのペットショップが閉店することになった。看板鳥の九官鳥の値段は、閉店が近づくにつれて下がっていって、とうとう2万円になった。

私は、それを見てしめしめと思った。当時、九官鳥は、ワシントン条約によって輸入できなくなり、希少価値が高まっている時期だった。ペットショップでは数十万円の値段が付くことが多く、「2万円で買って転売すればもうかるぞ」と思ったのだ。(当時は、ペットを対象としたオークションもあって、割と簡単に転売できた。)

それで、店主に、「この鳥を買いたい」と声をかけた。店主は、どこかに電話をかけ、「九官鳥は他の人に売ることにした」と話し始めた。どうやら、常連の客が九官鳥を引き取ることに話が決まりかけていたのに、それを断って、私に売るつもりらしい。

店主は九官鳥を籠から出して、餌の与え方や世話の仕方を丁寧に説明しだした。「私は生き物が好きだ。あなたも生き物が好きなのを知っているし、九官鳥があなたに馴れているのも知っている。あなたに譲ることにした。」と店主は話し、そう言われると転売するなんてとても口に出せず、だまって、ごんちゃんを家に連れ帰った。

それで、ごんちゃんを家において、面倒を見たり、話しをしたりするうちに、転売する気はなくなってしまい、そのまま十二年間一緒に生活した。

ごんちゃんは、ララビスと違って、気難しいところがあって、写真を撮られるのも好きではなかった。(ごんちゃんの写真が少ないのはそのせい。)

歳をとってからは、ケージから出るのも嫌がり、話す言葉の種類もだんだん少なくなっていった。とはいっても、私が隣にいるときには、機嫌よさそうにおしゃべりしているので、こういう時間が少しでも長く続いてほしいと思っていた。

十六年前、東南アジアのどこかの森で、ごんちゃんは誘拐された。両親の姿も兄弟の姿も覚えていないだろう。気が付けば、ごんちゃんは東京のペットショップの店頭にいた。狭いケージの中で育ったので、結局まともに飛ぶことは出来なかった。子孫を残すことも出来なかった。ごんちゃんがオスなのかメスなのか、だれも知らない。ケージの中だけが、ごんちゃんの世界だった。それでも、その世界に、ごんちゃんの幸福な時間はあったと信じる。
DSC_0871small.jpg
posted by yanagisawa at 23:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年08月30日

独り言で、「我が友、李徴子ではないか?」と言ったとたん、


2013083001.jpg

それまで黙っていた九官鳥が元気良く、「こんにちは!」と返事したのでびっくりした。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年07月06日

九官鳥がヤゴを食べた

水槽の中にヤゴがいた。

2013070601.jpg

ためしに干乾びたやつを九官鳥にあげてみた。

ごんちゃんはすごい勢いで食いついた。いつもは見慣れない物には臆病なのに。

虫を見ると本能が騒ぐのかもしれない。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年06月07日

敷紙に人の顔があると、ちょっと申し訳ない気分になる

2013060701.jpg

どなたか知りませんが、ごめんなさい。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年05月20日

ズプリーム・ローリー・ダイエットナゲッツ


2013052001.jpg

九官鳥にズプリーム・ローリー・ダイエットナゲットというペレットを与えはじめた。

続きを読む
posted by yanagisawa at 12:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年05月16日

九官鳥に苺をあげた

2013051601.jpg 2013051602.jpg

あまり好きそうではなかったけど、一応食べた。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年04月09日

Lovely九官鳥フード

2013040901.jpg 2013040902.jpg

ごんちゃんに、Lovely九官鳥フード(日清ペットフード)というのを与えてみた。国産のよくある餌と同じで、まあふつうに食べる。

2013040903.jpg

いま与えているのは、このラブリーとズプリーム ローアイアン ソフトビル・ダイエットが中心。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年02月17日

九官鳥の水浴び

ごんちゃんは新しいケージにすっかりなれたようだ。以前と異なるのは、ケージの中で水浴びできることで、実に気持ち良さそうに、水浴びしている。

2013021701.jpg

2013021702.jpg

2013021703.jpg

しかし、困ったことに、新しいケージを気に入ったせいで、外に出ようとしない。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年02月11日

九官鳥の新しい鳥かご

2013021101.jpg

九官鳥のケージを新しくした。いままでは、ペットショップ時代からの、いわゆる九官鳥用ケージと同じサイズのものをつかっていた。

2013021102.jpg

なるべく広いものにしたかったので、うさぎ用のケージにした。ごんちゃんは気に入っているようだ。よかった。




にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年08月26日

九官鳥は、さいきん安全に着地できるようになってきた。

まだ、危なっかしいが、ケージの外で行動できるようになりつつある。


2012082601.jpg おっと

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 18:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年07月24日

九官鳥と靴下

ごんちゃんは、黒い靴下に異様に興味を示す。

2012072401.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 18:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年05月17日

新聞紙の上の九官鳥


2012051701.jpg

ベタっと坐ることがよくある。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年04月21日

キクスイの九官鳥フード

九官鳥の餌をキクスイから買って試してみたが、ごんちゃんは嫌がるだけで、食べなかった。


2012042101.jpg 2012042102.jpg
粉になっていて、水で練って与える。すり餌の一種。

2012042103.jpg
けっきょく、野鳥の餌になった。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年01月17日

九官鳥を飼うまで知らなかったこと


2012011711.jpg
九官鳥の羽は白い紋がある。

2012011712.jpg
九官鳥は文鳥より毛深い。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年01月14日

ごんちゃんが出てきた

ごんちゃんはケージの中にいるのが好きなようけれど、めずらしく、自分から外に出てきた。

2012011401.jpg

少しずつ、外の世界にも慣れてください。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2012年01月05日

2011年11月29日

九官鳥はバナナをたべる


2011112901.jpg
このごろ、ちゃんと食べてくれるようになった。

2011112902.jpg
しばらくもてあそんでから、

2011112903.jpg
ごくり。

2011112904.jpg
フンはこんな感じ。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 16:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2011年11月08日

ケイティー・イグザクト・ナチュラル(Kaytee exact natural)


2011110801.jpg

九官鳥の餌は、国産の九官鳥フードと外国産のペレットを併用している。いま使っているペレットは、ケイティー。

2011110802.jpg 2011110803.jpg

食べてみると、不味い。ごんちゃんも最初は嫌がっていたが、慣れてしまうと、美味しいようだ。以前のズプリームより、好んで食べている。

2011110804.jpg

左がケイティー、右がズプリーム。

2011110805..jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 九官鳥

2011年10月23日

「さるか」(九官鳥の異称)についてのメモ

大辞泉、日本国語大辞典などの辞書には、「さるか【秦吉了】」の項があり九官鳥の異称であると、説明されている。しかし、秦吉了は「しんきつりょう」などと読む語で、当て字である。

九官鳥は日本に生息しないので、「さるか」は和語ではなく外来語のはずであるが、語源は不明であった。(なお、大言海は「蕃語ならむ」と推定している。)

「さるか」の最古の用例は1694年に、貝原好古が著した「和爾雅」※ にある。

その後の多くの江戸時代の書物に、九官鳥の異称として「さるか」が揚げられているが、それが何語なのかは説明されていない。また、じっさいに使われていたのか、単に記録として記載したのかは不明。

「さるか」の語源は、サンスクリット語で九官鳥などを意味する sarika である。これが東南アジアに伝わり、タイ語およびカンボジア語では、九官鳥をサリカという。

16世紀初頭には、タイのアユタヤとカンボジアのピネアルーへ日本の朱印船が往来し、日本人町が存在した。そのため「さるか」と転じて、日本にもたらされたのだろう。

しかし、1635年ころ、朱印船貿易が廃止されると、日本とこれらの国との直接の交易はなくなり、「さるか」という言葉だけが日本に残った。そして、時代とともに、その出自が分からなくなっていったのだと、考える。

2011102301.jpg

※ 和爾雅の原文は、ここ (早稲田大学図書館古典籍データベース)でみられる。ただし引用している秦吉了の文章は、ハッカチョウについてのもので、それを九官鳥と誤認している。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

2011年08月14日

毎日、暑いです。


2011081401.jpg



2011081402.jpg

九官鳥もあつがっています。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 九官鳥