2012年02月18日

細川博昭『江戸時代に描かれた鳥たち 輸入された鳥、身近な鳥』の感想

2012021801.jpg

江戸時代に描かれた動植物の絵は、博物学的な記録としても面白いし、美術品としてみても魅力的だ。この本は、前半は外国から輸入された飼い鳥の絵、後半は梅園禽譜のなかの日本の野鳥の絵を集め、簡単な解説をつけたもの。

2012021802.jpg 2012021803.jpg

載っているのは、増山正賢『百鳥図』、水谷豊文『水谷禽譜』、毛利梅園『梅園禽譜』、牧野貞幹『鳥類写生図』、『薩摩鳥譜』、『外国珍禽異鳥図』、『外国産鳥之図』の一部。これらは、いずれも国会図書館のインターネットサイトで閲覧(およびダウンロード)できるので、それを見て書籍版がほしいという人には便利な本。反対に、この本で興味をもったら、国会図書館や東京国立博物館のサイトもみると面白いと思う。

類書としては、前半は磯野直秀『舶来鳥獣図誌』(八坂書房)、後半は『鳥の手帖』(小学館)がある。

この本の中のコラム「十姉妹、壇特とコシジロキンパラ」については、私は著者とはべつな考えを持っているので、以下それを書いておこうと思う。

このコラムでは、江戸時代の十姉妹はコシジロキンパラ華南亜種(Lonchura striata swinhoei)、壇特(ダンドク)はコシジロキンパラ雲南亜種(Lonchura striata subsquamicollis)であり、今日の十姉妹はこれらの交雑によってできた、とある。雲南亜種というのは、中国の呼び方で、主にインドシナ半島に分布する亜種のこと。

ただ、私はダンドクは中国から輸入されたコシジロキンパラではないと考える。中国から輸入された鳥は、中国名で呼ばれるが、ダンドクについては中国にその記録がない。また描かれた鳥はコシジロキンパラと異なっている。

まずコシジロキンパラはインドシナ亜種も含めて、腰が白い。

2012021804.jpg
Lonchura striata subsquamicollis(プーケット島)※

2012021805.jpg
Lonchura striata subsquamicollis(マレー半島)※

2012021806.jpg
Lonchura striata subsquamicollis(マレー半島)※

2012021807.jpg
Lonchura striata subsquamicollis(ベトナム)※

この本に出ているダンドクの図は以下。(図32については、原図を見るとダンドクの指す鳥が不明なので省略した)

2012021808.jpg 水谷禽譜(国会図書館)
2012021809.jpg 梅園禽譜(国会図書館)
2012021810.jpg 百鳥図(国会図書館)

これだと、腰の部分は少し分かりづらいが、次を見ると、腰が黒かったのが分かる。

2012021811.jpg 堀田禽譜(東京国立博物館)
2012021812.jpg 関根雲亭(東京国立博物館)

ダンドクとは、オランダ船によって運ばれた、ジャワ・キンパラ(Javan munia, Lonchura leucogastroides)である。

2012021813.jpg Lonchura leucogastroides ※
2012021814.jpg Lonchura leucogastroides ※


※ Robin Restall, "Munias and mannikins" Yale Univ. Press, 1997

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 本の感想

2011年07月15日

『ザ・カナリア』(誠文堂新光社)についてニ、三の事柄

誠文堂新光社の『ザ・カナリア』を読んで腑におちないところがあったので、確認のために"The canary handbook"を取り寄せてみたら、『ザ・カナリア』とそっくりなところがあって驚いた。

それで誠文堂新光社に(1)転載は原著者の了解をとっているか。(2)転載は適切なものか。と問い合わせたところ、次の回答が来た。

(1)原著者の了解はとっておりません。
(2)適切と考えております。

下記のような事由からです。

●104と106頁の図は、原典の文献を参考に、他の資料やオリジナルデータを元にリライトし加工した図ですので、オリジナルの範囲内と考えます。

●122と123頁の遺伝の「式」は、“The Canary Handbook”を参考にし、他の資料でも内容の正当性を確認しております。遺伝式の内容はオリジナルではなく、表現形式も一般的に用いる書式ですので、転載ではないと考えます。


2011071501.jpg

・Matthew M. Vriends, Tanya M. Heming-Vriends: "The canary handbook", Barron's Educational Series
・島森尚子:『ザ・カナリア』、誠文堂新光社

で、まず図から。

2011071502.jpg“The Canary Handbook”
2011071503.jpg『ザ・カナリア』104頁

トレースしてるだけです。翼の輪郭まで忠実。

2011071504.jpg“The Canary Handbook”
2011071505.jpg『ザ・カナリア』106頁

トレースしたものを、写真に埋め込み。

ちなみに、元ネタがないとこんな図に。

2011071506.jpg『ザ・カナリア』107頁


つぎに、遺伝の式について。たんに“The Canary Handbook”に似てるから転載だと言いたいのではなく、次の文献を読んでたので、これは転載だなと判断した。

・Octavio Perez-Beato:"Fundamentals of Color Genetics in Canaries: Reproduction and Control", RoseDog Books
・G. Walker and D. Avon:"Coloured, Type & Song Canaries", Blandford Press
・G.T.Dodwell:"Encyclopedia of Canaries", T.F.H.Publications, Inc
・"Singing Wings Aviary"
http://www.singing-wings-aviary.com/Canaries.htm
・"CANARICULTURA EN PUERTO RICO"
http://www.canariculturaenpuertorico.com/

(1)“The Canary Handbook”に書かれていることがそのまま記載され、『ザ・カナリア』内での整合性がとれていない。

たとえば、メラニン色素についての変異種にかんして、「グリーン>アゲイト>シナモン>イザベル>パステル」という優劣を述べているのは、“The Canary Handbook”だけで、『ザ・カナリア』はこれを載せている。一方で、「パステル・レッド・アゲイト・アイボリーフロスト」という上記の優劣に矛盾する品種名をそのまま載せている。

(2)『ザ・カナリア』の遺伝の式は、すべて“The Canary Handbook”にあるもので、順番もそのまま。

有覆・無覆、レモン、ドミナントホワイト、レセッシブホワイト、シナモン、というのは“The Canary Handbook”に出ている順と一致する。一方、赤、オパール、パステル、モザイク、アイボリーなど品種として紹介したものでも、“The Canary Handbook”に遺伝式が書かれていないものは無視されている。

(3)無覆輪について、“The Canary Handbook”と同じ。
無覆輪×無覆輪がすべて致死になるとあるのは、“The Canary Handbook”だけで、根拠も不明。それが、なんの説明もなくそのまま載っている。

2011071507.jpg 2011071508.jpg

(4)“The Canary Handbook”の誤りがそのまま載っている。

2011071509.jpg
「レセッシブホワイト×イエロー系/ホワイト=50%イエロー系/ホワイト、25%イエロー系、25%レセッシブホワイト」というのは明らかに誤りで、なんでこんな事が、と思ったら“The Canary Handbook”の誤りを写しただけだった。

2011071510.jpg
4番目の式は、一見意味不明なので、『ザ・カナリア』では無かったことにしている。ちゃんと考えれば、次のように訂正できる。

3番目、Yellow/white × yellow/white = 50% yellow/white, 25% yellow, 25% recessive white
4番目、Recessive white × yellow/white = 50% recessive white and 50% yellow/white

というわけで、この遺伝の式は著者による解説じゃなくて、単なる転載だよなあと思った。

なんだか揚げ足をとるようで申し訳ないけれど、海外の本を引用して紹介するなら、出典を明らかにして、原著者に敬意を示そうよ、と言いたいだけ。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 02:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 本の感想

2011年03月15日

島森尚子「小鳥図鑑」(誠文堂新光社)

2011031501.jpg

「小鳥図鑑」を読んだ。図鑑というよりは写真集で気楽に読める。飼育方法なども出ているけれど、飼育書としては中途半端。

2011031502.jpg 2011031503.jpg

本書の「小鳥」というのは、小形のインコ、フィンチの意味で、オカメインコや中型以上のインコは含まれない。色々な品種が写真で紹介されているので楽しめる。



楽天ブックス  アマゾン


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
posted by yanagisawa at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想

2010年12月26日

ザ・カナリア―最新の品種・飼育法・繁殖・ケアがわかる

2010122621.jpg

島森尚子「ザ・カナリア」(誠文堂新光社)を読んだ。

2010122622.jpg 2010122623.jpg

第一章の「カナリアカタログ」が写真が多くて楽しい。カナリアというのは色んな種類があるのは知っていたけれど、それが分かりやすく整理されていた。地方ごとに系統がまもられている、姿勢、巻き毛、体形。特定の対立遺伝子によって決まる、有覆・無覆、リポクローム色素、メラニン色素、構造色、冠羽。これらに着目すると、カナリアの品種が分かる。

第二章のカナリアの歴史と文化は、ページが少なすぎる。たぶん筆者の主要な関心はここにあると思うので、もっと詳しく書いてほしい。

それにつづく飼育、餌、健康などについては、オーソドックスで他の小鳥の飼育書とおおむね共通した内容。

それから、参考文献がついているのが特徴。できれば、筆者による解題をつけてほしかった。例えば岡田利兵衛他「小鳥」朝倉書店、とだけ書かれてもこの本のすごさが伝わらないと思う。



 楽天ブックス アマゾン

posted by yanagisawa at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想

2010年04月12日

飼育書の中をどんなに探しても ララビスの気持ち見つからなくて

2010041201.jpg

文鳥の飼育本で、絶版になっていないものは、現在つぎの5冊のようだ。

(1)大久保巨:ブンチョウの飼い方ふやし方(土屋書店)142ページ
(2)高木一嘉:ブンチョウの飼い方(有紀書房)830円、222ページ
(3)江角正紀:文鳥の本(ペット新聞社)1995円、221ページ
(4)伊藤美代子:文鳥(誠文堂新光社)1050円、112ページ
(5)伊藤美代子:文鳥の救急箱(誠文堂新光社)1470円、158ページ

(1)と(2)は、表紙や題名を変えた版がいくつかあるので、著者名と出版社で判断する必要がある。全体的に古臭く、カラー品種が載っていない、保温しない、写真・イラストがきれいでないなどの特徴がある。これらでも問題なく飼えるが、現時点で飼育書を一冊だけ選ぶのなら、もっと新しいものがよいと思う。古本屋などで安く売っていたら、買う価値がある。

(1)いかにも昭和っぽい飼育書。写真を多用しているが印刷がどれも不鮮明。内容はあまり豊富ではないが、必要なことは書いてある。文鳥村の紹介あり。※いま調べたら、どうやら絶版のようだ。

(2)さまざまな事柄について書いてあるが、その分、現在の飼育にはそぐわない説明も多い。鉄道小荷物便、水責め、換金の方法、仮母の方法、など時代錯誤がむしろ楽しい。基本的な部分は現在と変わらないので、飼育書としては問題ない。

(3)古いタイプの本の雰囲気を残しながらも、今風の飼育法に配慮し、客観的な視点も忘れない、という手堅い本。ただし、読者アンケートやマンガも多く載っているので、ページ数ほどには、多くの情報があるわけではない。チモールブンチョウについての説明もある。

(4)本屋で少し立ち読みしただけなので、あまり記憶にない。写真がきれいで、読みやすそうだが、情報は少ないような気がして買わなかった。

(5)図書館で読んだだけ。文鳥を飼育していく中で起きる様々な質問に答える形式。二冊目の飼育書としてはこれが良いのかもしれない。質問に対する答えは、飼育のベテランの考え方の例として、参考になる。

さて、まもなく、新たな飼育書が発売されるようだ。「ザ・文鳥」誠文堂新光社、208ページ、2100円。ペットガイドシリーズの一冊として出る。ペットガイドシリーズは本格的な飼育書のシリーズとして知られていて、たとえば、ザ・オカメインコなどは非常に評判がいいようだ。ザ・文鳥は飼育書の決定版になるのだろうか?

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

タイトルはパクリです。
posted by yanagisawa at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の感想

2010年02月09日

今日は夏目漱石の誕生日だそうです。

漱石といえば「文鳥」なのである。

スミレくらいの小さな人に生まれたい、と呟いた漱石は、その十年後にスミレくらいの小さな文鳥を飼い、そして、死なせた。

書斎でペンを走らす漱石のかたわらで、文鳥は音を立てながら餌をたべた。それは、黄金のかけらで宝石をコツコツと打つような音だった。如雨露(じょうろ)で水をかけると、水玉が文鳥の白い羽のうえをきらきらと転がった。何だか淡雪の精のような気がした。

朝、目覚めた漱石が文鳥のところへ行くと、文鳥は、紅く縁どられた黒い瞳で漱石を見つめた。そのとき、漱石は、さっきまで見ていた夢を思い出した。それは、昔知っていた、美しい女の夢だった。もの思いにふける女のうなじを、漱石はなでた。女は笑って身をよじった。

文鳥は死んでしまった。餌をやり忘れたからである。

そしてその晩、漱石はこんな夢を見た。

柔らかなうりざね顔の肌の白い女が、漱石を見つめていた。漱石が女の黒い瞳をのぞきこむと、そこには漱石の姿が映っていた。女は、
「もうすぐ、死にます。」といった。
「死んだら、埋めてください。真珠貝で墓を掘って、星屑の墓標を立ててください。そして、百年そこで待っていて下さい。きっと逢いに来ますから。」

漱石は言葉どおりに待っていた。やがて、傍らに百合が伸びてきて、一輪の花を咲かせた。漱石は、その白い花に接吻して、そして気づいた。「百年はもう来ていたんだな」と。


文鳥・夢十夜 (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社
売り上げランキング: 78923
おすすめ度の平均: 4.0
2 小品
3 「文鳥」は読んでいると胸が痛みます。
5 生々しい漱石の闘病生活描写(「思い出す事など」ほか)
5 文鳥
3 正直に言って・・・


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
[PR]
Yahoo!オークション > 本、雑誌 >> 小鳥
posted by yanagisawa at 10:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 本の感想

2009年08月05日

鷲尾絖一郎「十姉妹の謎を追う!」(近代文芸社)

2009080511.jpg

十姉妹の謎を追う!」をよんだ。おもしろい。

野生のジュウシマツというのはいない。江戸時代の日本でカエデチョウ科のフィンチの交配によって生まれたらしいのだが、その起源を追求する話だ。

まず、十姉妹の起源(の一つ)とされるダンドクを求めて東南アジアの旅に出る。そして、入手したダンドクの交配を続けながらあれこれと思索をつづけ、古文書の調査をする。といっても、堅苦しくはなく、たとえば東南アジアにおける小鳥屋レポートであったり、ドタバタ道中記であったりして、気軽に読める楽しい読み物だ。そして、全体の基調となっているのが、鳥が好きだという素朴な感情と純粋な好奇心であって、素直に共感できるし、豊富な知識や経験はうらやましく思う。

残念なことに、すでに絶版で、入手しづらい状況にある。詳細な内容の紹介は、つぎのページを参照するのがいいだろう。

書評「十姉妹の謎を追う!」
http://blog.zaq.ne.jp/plants/article/35/

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
posted by yanagisawa at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想

2009年07月19日

「チーコ」をめぐるどうでもいいようなこと

つげ義春のマンガ作品「チーコ」には白文鳥が登場する。紙箱と電球、竹べらで差し餌をする様子が楽しい。

売れない漫画家と、生活を水商売で支えている女が登場する。それは、ささくれ立った薄暗い生活だが、彼らが駅前の鳥屋で文鳥の雛を買うことで、生活がかわりはじめる。そこでは、白い手乗り文鳥は、ささやかな(しかし、はかない)幸福の象徴として描かれている。

つげ義春はこの作品について、実話に基づいていると述べている。すると、おそらく舞台は、他の作品から分かるように、調布市近辺になるだろう。調布市には昔(五十年前だそうな)からやっている工藤優鳥園という小鳥屋がある。この店は、調布銀座の入り口にあるのだが、かつて駅が移転する前はここが駅前だったのである。つまり、つげ義春はこの店で白文鳥を買い、「チーコ」を描いたのだ。

と思っていたのだが、実は違ったようだ。本人が錦糸町で描いたと言っていた。

あの頃の調布 http://www.mugendo-web.com/y_tsuge/tabi.htm

まあ、どうでもいい話だが、どうでもいい話を続けます。

女が珍しく酔って帰ってきた夜、女が客と何かあったのではないかと、男が疑う場面がある。下記のページでは、性的な関係の有無にこだわっている。

日本大学芸術学部文芸科 授業レポート
http://report.bunka-kaigi.com/archives/2004/04/post_16.html

作品の中で、男は文鳥を誤って死なせてしまい、逃げたといってごまかす。女はそれを疑って追及する。それは、女が酔って帰ってきた夜、男が女を疑って非難する場面のカウンターパートだ。作品の構造としては、男がじつは文鳥を死なせたように、女も客との関係があったと読むしかない。しかし、追求はどちらも曖昧になしくずされ、そうすることによって、かれらの関係は維持され、何かを分かち合う。

けして正しくはない、少し悲しくて微笑ましくもあるような男女を描いた作品だ。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
posted by yanagisawa at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想

2009年06月21日

「文鳥の本」(江角正紀)ペット新聞社


「文鳥の本」(江角正紀)ペット新聞社


著者の江角正紀は「鳥の飼育大図鑑」などを著している人で、様々な種類の鳥の飼育について豊富な経験をもつようだ。それは著者の強みであるが、同時に、文鳥を一羽だけ室内で飼うという立場とは、多少意識のずれが生じる。

目次を見れば分かるように、非常にオーソドックスな記述で、手堅い印象を与える。また、チモール文鳥や、キンパラ属内の雑種、品種と遺伝についても述べられるなど、文鳥に固有の話題も多く盛り込まれている。これは、飼い鳥について多くの著書と経験をもったうえで、あえて文鳥専用の飼育書をかくということの強みだろう。

一方で、カラーページは少なく、読むというより眺めて楽しむタイプの本になれた読者には、堅苦しく感じるかもしれない。そのために、斉藤たまきのマンガや飼育経験者へのアンケート結果が多く挿入されていて、気楽に読めるよう工夫されている。

本書は、なぜか、オンライン書店や一般の書店ではほとんど在庫がない。取り扱いはペットショップが中心。

【目次(アンケート、マンガ、写真を除く)】

原産地と現分布地、分類学上の位置、飼い鳥としての歴史、性質と形態、文鳥のカラダを見てみよう、品種、品種いろいろ

文鳥を飼う、入手する、カゴについて、禽舎飼養、餌入れ・水入れ、水浴び、止まり木、遊具・アクセサリー、カゴの底(床材)、掃除

飼料、主な種子飼料、青菜・野菜・果物、道ばたの青菜(野草)、無機質飼料(ミネラル)、栄養飼料

交配、巣、いろいろな巣、手乗り文鳥と巣、巣材、繁殖の条件、産卵、抱卵、孵化・育雛、手乗りビナを巣から取り出す、手乗りビナに餌を与える、給餌用具、さし餌、手乗りヒナとのスキンシップ

季節ごとの管理、換羽、運搬、雑種、雑居、害敵、寄生虫、鳥を手放す 鳥を捨てる、品評会

文鳥の病気、卵詰まり、インコによる咬傷(骨折)、高齢文鳥
posted by yanagisawa at 19:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 本の感想

アニファブックス「文鳥」スタジオ・エス

2009062101.jpg

アニファブックス「文鳥」が絶版のようだ。この本が私の知識の基本になっているので、残念だ。絶版は、出版元のスタジオ・エスの倒産によるもの。こんぱまるにはまだ在庫があるので、ほしい人はそちらへ。

現時点での、現役のブンチョウ専用の飼育本は、つぎの四冊のようだ。
小動物ビギナーズガイド 文鳥 (伊藤美代子)誠文堂新光社
ブンチョウの飼い方・ふやし方(大久保巨)土屋書店
ブンチョウの飼い方(高木一嘉)有紀書房
文鳥の本(江角正紀、他)ペット新聞社

文鳥専用の飼育本が出ているだけも、恵まれているのだろう。文鳥以外の入門的フィンチ、たとえば十姉妹、錦花鳥、カナリアなどについて飼育の解説本は非常に少ないのだから。

以下、アニファブックス「文鳥」についての感想。

カラー写真のページが非常に多いことは最近の飼育書の特徴か。他にも、ボレイ粉の洗浄、粟玉の手作り、小松菜・豆苗の自家栽培、などは今風の飼育を反映している。

また、文鳥の病気について詳しく出ていることと、餌の栄養成分について細かく述べているのも特徴。ただし、自分で病名が分かっても、自宅で対処できないので、結局病院に連れて行くしかない。また栄養の解説も饒舌なだけで、文鳥の飼育用としては実用性あまりない。

書かれている情報は多く、飼育に必要なことはほぼ網羅されている。また、内容もおおむね標準的といっていいので、文鳥の飼育書から一冊選ぶとしたら、これかな。と思っていたのだが、絶版とは。

他の出版社から再版されることを期待して、誤字の訂正をしておく。(まあ、ここに書いても無駄だとは承知してますが)

33ページ、穀物成分表、×胴→○銅
37ページ、イラスト、×便理→○便利
147ページ、本文四段目、×春になり日照時間が短くなると→○長くなると
156ページ、本文上段、×どうわ→○どうよう
posted by yanagisawa at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想