2009年05月06日

江戸時代の文鳥に関する文献

「ぶんてう 文鳥と書り、状うそににて麗はし、よて名とす。近来外国より渡すといふ。」
倭訓栞 中篇二十二不

「状は鷽に似て背腹は紅を帯びる。両頬は純白、嘴脚は倶に紅、声短く円滑ならず。近時外国より来たり、形麗しきをもって文鳥と号す。今籠に畜て、孕みて育つ、類多し。」
本朝食鑑(1697) 六、林禽、鷽、附録、文鳥


「文鳥 餌がいキビ・モミ・米・アワ、大きさ毛色にしるごとし、奇麗なる鳥也、古鳥若鳥しれかねる物なり、盛りつよき物故、見合ておく時は風子を産て、親鳥のため散々あしゝ巣も能なす物也、しかもせ話なく親鳥飼立る物にて、巣を立て後、親鳥の少し追頃を見て、小籠へ取べし、巣くさは野老の毛、藁のみごのかたを、はかま少しかけて切、是を入べし、まづ大かたは藁にて作り立る物なり、又鴨の腹毛抔入もあり、しかし是は入らぬものなり、巣は春秋になす、玉子産時分、雌よく落るもの也、至て産のおもき鳥也、庭籠の廣きはさんざんあしきもの也、玉子は十六日にてかへる、粟きびのもやしを飼ふ、又菜をこまかにたゝきて、庭籠へ入置事よし赤土を少しづゝ入置べし、餌にかみ交て子に喰せる物也、子は三十日餘も過ざれば巣を立ず、子にはきびと、あわ、ゑごまも飼ふべし、春はひがんの頃庭籠へ放すべし、餘寒つよき年は、其心得にて少し遲く放すべし、又井戸縄の古きを二三寸程づゝに切て入たるもよし、然共これはあまり巣に引鳥なし、文鳥に巣の時人參をかふ事散々惡し、度々ためして是をしる、初心の者とかく人參を用ゆ、人參を飼ふ時は必雌を落す、秋の巣の時は、きびあわともにもやしの間に合ぬ事有、其時はきびあわともに摺鉢へ入、湯にてしばらくひやし、扨それをざらさらとかるくするべし、右のごとくにする時は、上の皮取れて實所計に成なり、是を庭籠の中へ入おくべし」
唐鳥秘伝百千鳥(1773) 上 文鳥

「此鳥世に澤出に相成、鳥のよふすは勿論、飼方入々委しく候間書之ず、庭籠玉子産込巣に付候節、水入の水洗不申、水の上にたし水にてよろし、水きよければ雄水をあび、おひ盛りいづるもの也、尤盛り薄き烏は、水きよくして度々かへる事よし、世の人是をしる事なれども此處に記す」
飼鳥必用 (1802?) 中 文鳥

以上、古事類苑所収
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=41016883&VOL_NUM=00335&KOMA=58&ITYPE=0
「飼鳥必用」については山階研究所のページを参照。
http://www.yamashina.or.jp/hp/hyohon_tosho/ogawa_minori/database/om56.html

「文鳥 状ち宇曽に似て灰色。頂、喉黒く、頬純白、嘴脚倶に紅く声短く円滑ならず。近時異国より来り。形麗なるをもって文鳥と号す。籠に蓄て、これを弄す。またよく籠中に孕す。」
和漢三才図会(1712)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=41017077&VOL_NUM=00002&KOMA=110&ITYPE=0
posted by yanagisawa at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

2009年05月03日

文鳥と瑞紅鳥

中国語(漢文)はまったく読めない。と言い訳をしておいて「文鳥」という中国語についてのメモ。ウィキペディアの中国語版(台湾語?)によると、つぎのようになっている。

文鳥屬 キンパラ属
斑文鳥 シマキンパラ
白腰文鳥 コシジロキンパラ
白喉文鳥 ギンバシ
文鳥 ブンチョウ

つまり、文鳥はキンパラなどを指す、一般的な名称なのだろう。瑞紅という名称もつかわれているようで、台湾の國立鳳凰谷鳥園のページには瑞紅と表記されている。
http://databook.fhk.gov.tw/activity/fhkbook/hist/hist.asp-sq_no=92.htm
中国に来たのは、明あるいは清代とあるので、日本に来た時期とそれほど違いはないのかもしれない。また、愛知県で白文鳥が出現したのは1920年代とある。何故だろうか?

清代の資料「鳥譜」では、びん中(福建省)の鳥である、と誤認している。これは福建省が東南アジア華僑の拠点であったからだろう。

その鳥譜は、瑞紅鳥

2009050303.jpg
http://painting.npm.gov.tw/npm_public/System/View.jsp?type=1&ObjectID=17453

ほかに、藍瑛(1585-?1670):明藍瑛畫花鳥 梅花文鳥(ブンチョウではない)

2009050304.jpg
http://painting.npm.gov.tw/npm_public/System/View.jsp?ObjectID=22518&type=1

錢選(1235頃‐1301以降):名畫薈錦 宋錢選竹子文鳥(ブンチョウではない)

2009050305.jpg
http://painting.npm.gov.tw/npm_public/System/View.jsp?ObjectID=23220&type=1

明宣コ寶繪 桐實文鳥(ブンチョウかも、いやちがうか)
年代は分からないが、明の宣徳帝(1426 - 1435)時代なのか??

2009050306.jpg
http://painting.npm.gov.tw/npm_public/System/View.jsp?ObjectID=11845&type=1

ほかに瑞紅鳥の名称は見られるのは、
牧野貞幹(1787 - 1828):鳥類写生図
余曽三,張廷玉,鶚爾泰:百花鳥図
百品考 二下 「瑞紅鳥」
東京家禽雑誌 76号 明治29年11月 〈瑞紅鳥〉、東京家禽雑誌社
posted by yanagisawa at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

2009年04月30日

文鳥の歴史 その8

白文鳥について、もう一つ記録を見つけた。
松森胤保「両羽博物図譜」

20090430055.jpg 20090430056.jpg

右文鳥は雌雄同飾にして唐鳥なるが如し。籠中に子種を殖す。二重の箱にして横穴なりと言う箱庭にして、不断水を注がざれば不可なりと言うもの有り。近年白変の種多く、又十四松の掛け合せなども見ゆ。
三光又は鷽などの近属と言うべし。囀りなし。
http://library.city.sakata.lg.jp/matumori/index.html
http://library.city.sakata.lg.jp/MATUMORI/image_data/g09/055.jpg
http://library.city.sakata.lg.jp/MATUMORI/image_data/g09/056.jpg
posted by yanagisawa at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

2009年04月29日

文鳥の歴史 その7

尾張の本草学者水谷豊文(1779-1833)の「禽譜 」のなかに、白文鳥に近い(?)文鳥の記述がある。

w0000023.jpg

http://rarebook.ndl.go.jp/pre/servlet/pre_com_menu.jsp
posted by yanagisawa at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

文鳥の歴史 その6

Holden, George Henry: Canaries and cage birds(1883)の、白文鳥についての解説が興味深いので引用。

WHITE JAVA SPARROWS.

THESE are among the most striking birds when kept in a large collection. The beautiful, clear white, silky plumage, set off to good advantage by the clear rose- tinted beak, gives the White Java Sparrow an appearance which at once arrests the attention of any observer.

The clear white color is another evidence of the superiority of the scientific breeding of the bird-fanciers in China and Japan. How the change of color from the gray to the white was obtained will probably never be known. Some writers assert, that the birds were originally bred in rooms where nothing but white color was seen; and, in breeding down from generation to generation, the white variety was gradually obtained. Jacob, a son of Isaac, changed the color of cattle by this method. That is a convenient way to account for the Sparrow's transformation. Other writers assert, that the gray variety was fed on chalk, which changed the plumage. One story is probably as truthful as the other; and. as nobody knows for a certainty, it is better to let the matter remain a mystery. It is, however, certain, that the White Java Sparrows are not of the Albino race; as they lack the pink eyes always seen in the various specimens of that race. They may also be bred in confinement, and produce progeny of the same color, which is an impossibility with any Albino birds.

The Japanese make a business of breeding the White Java Sparrows: and each pair has a small cage, in which is placed a perch and nest. By careful and stimulating feeding, they are made to lay freely; and, as soon as a brood is hatched, the old birds are placed in another cage, where they continue hatching and breeding. The young are brought up by hand, being fed on a scalded vegetable decoction mixed with millet-seed.

It is an easy matter to breed White Java Sparrows in this country, and, besides being easily done, much more remunerative than Canary-raising. Put a pair in a common breeding-cage with a straw-basket nest, and furnish materials, which may consist of pieces of straw, hay, hair, or fowls' feathers ; and they will commence to build as readily as a pair of Canaries. The period of incubation lasts about the same length of time as required for Canaries. When the young are hatched, feed on egg-paste mixed with millet-seeds or crushed hemp. When full grown, the birds are as hardy as the gray variety, and require the same care.

The White Java Sparrows are usually seen in aviary collections, where they always keep by themselves, and never molest the other inmates.

It requires an expert to tell the difference in the sexes of the birds of either variety, they resemble each other so closely; and when ordering a pair from a distance, for breeding purposes, they should be ordered from a reliable dealer. The same-sized cages should be used for the White as for the Gray Java Sparrows.

The mottled white and gray Java Sparrows, although very handsome in appearance, are not so highly prized as the pure white: the streaky appearance is probably due to some defect in the breeding.

Java Sparrows live to be twenty years of age.
posted by yanagisawa at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

文鳥の歴史 その5

ウェブ上で読める白文鳥について記載がある文献(英語編)。主に十九世紀。二十世紀になると記述のある文献は多い。

March 28,1866.
"There was sent for exhibition an almost pure white finch, a so-called Japanese sparrow, recently brought to this country;-the bird closely resembled the well-known "Java sparrow," of which, indeed, the specimen seemed merely to be a white or perhaps albino variety. "
Jhon Alex Smith: Orinithological Notes,
Proceedings of the Royal Physical Society of Edinburgh(1867),p393
http://www.archive.org/details/proceedingsroya09edingoog

"At a bird exhibition at Crystal Palace, London, a few years since, a pair of Java sparrows were exhibited, entirely white, with the black head and throat and rose-colored beak of the gray Java sparrow, and with the plumage equally soft and downy; and I was told that were most beautiful birds."
Holden, Charles F: Holden's book on birds (1875)
http://www.archive.org/details/holdensbookonbir00hold

この二例が古く、以下つぎの書籍に記載されている。

Holden, George Henry: Canaries and cage birds(1883)
http://www.archive.org/details/canariescagebird00hold2
Greene, William Thomas:Birds I have kept in years gone by : with original anecdotes and full directions for keeping them successfully (1885)
http://www.archive.org/details/birdsihavekeptin00gree
Butler, Arthur Gardiner:Foreign finches in captivity (1889)
http://www.archive.org/details/foreignfinchesin00butlrich
Greene, W. T.:Favorite foreign birds for cages and aviaries ([1891])
http://www.archive.org/details/favoriteforeignb00greerich
Cottam, Bart:Cottam's new illustrated book on cage birds : their necessary food and care, together with valuable formulae for bird foods, treats, medicines, etc. (1894)
http://www.archive.org/details/cihm_05273
Greene, W. T.: Feathered friends old and new (1896)
http://www.archive.org/details/featheredfriends00greerich
Osborne, D. C.: Under golden skies, or, In the new Eldorado : a story of southern life (1898)
http://www.archive.org/details/undergoldenskies00osbo
Finn, Frank: Ornithological & other oddities (1907)
http://www.archive.org/details/ornithologicalot00finn
posted by yanagisawa at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

2009年04月26日

文鳥の歴史 その4

いわゆる文鳥村というのは第二次大戦後のはなし。「愛知県の畜産」によれば、弥富町だけでなく名古屋周辺の各所で、文鳥以外も含めたフィンチ(具体的にはカナリア、文鳥、錦花鳥、十姉妹)の繁殖をしていたことが分かる。「古来」とあるのでおそらく江戸時代からだろう。ただし、盛況になったのは明治二十年頃から。1913年の調査によると、生産した小鳥のうち67%程度を輸出している。「諸鳥飼養全書」でもこれら四種の輸出について記載している。

おそらく、白文鳥は輸出中心で国内にはあまり出回らなかったのではないか。あとで書くが、当時の洋書によると白文鳥はノーマル文鳥より高価で、ヨーロッパではノーマル文鳥は日本以外から、白文鳥は日本から輸入していたようだ。

「諸鳥飼養法秘伝」(1898)には文鳥について、「昔は多く人の好みにて飼いたるものなれど今はまれなり」とあり、白文鳥の記載はない。また各種の図譜もノーマル文鳥ばかり。一方で、英文の飼育書には早い時期から白文鳥について記載がある。国内では、飼育の中心は和鳥だったようだ。たしかに、手乗りでないノーマル文鳥を飼っても、あまり面白くないかもしれない。

「飼鳥飼養全書」(1903)あたりから、国内でも普及しはじめ、第一次世界大戦(1914-1918)によって欧米への輸出がとまり、戦後も輸出量は少なかったたが、国内の需要がその分増えた。(「愛知県の畜産」(1920)による)そして、大正末期には小鳥の飼育が大流行した。
posted by yanagisawa at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

文鳥の歴史 その3

ウェブ上で読める文鳥の歴史関連資料(日本語編)

主に明治。江戸時代はまったく手をつけてないので無し。

□ 学術論文
黒田長禮:ブンテウに就いて,鳥Vol.9 , No.45(1937)pp.478-484_1
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=jjo1915&cdvol=9&noissue=45&startpage=47

□ 飼育書
岡本敬之助:諸鳥飼養法秘伝,1898
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480660/jpn
川口清五郎:諸鳥飼養全書,1903,博文館
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480659/jpn
鹿野化骨:魚鳥家畜の飼養,1909,博文館
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480522/jpn
山崎広治郎:実験小鳥捕獲及飼養法,1911,大学館
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480561/jpn
若菜胡蝶園:飼養小禽顧問,1912,須原屋
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480648/jpn

□ 図・デザイン
小林米造:写真鳥鏡・写真魚鏡,1880
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000487678/jpn
芝田新兵衛:花鳥画譜,1880,春風堂
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000487392/jpn
片岡甚三郎:鳥尽心乃当物,1886,片岡双鴉堂
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000494259/jpn
米田善太郎:刺繍全書,1911,実習技芸女学会
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000486306/jpn

□ 生産に関する資料
愛知県の畜産,1915,愛知県内務部編
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000560650/jpn
愛知県の畜産,1920,愛知県内務部編
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000560651/jpn

□ 動物園
石川千代松:上野動物園案内,1902,東京帝室博物館
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000473089/jpn
浅田空花:動物園案内,1902,永楽堂
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000473198/jpn


□ 文学
筒井菫坡:東天紅,1908,石塚書舗
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000505467/jpn
夏目漱石:文鳥,1908
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card753.html
北原白秋:南京さん,1911
http://www.j-texts.com/taisho/tokyo.html
芥川龍之介:母,1921
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card41.html
宮本百合子:小鳥,1922
http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/card3710.html
宮本百合子:春,1925
http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/card3850.html

□ 文鳥の記載なし
豊瀬竹三郎編,愛知県海東海西郡地誌略,1880
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000426492/jpn
篠田啓編,愛知県海東海西郡地誌,1884
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000426491/jpn
宮崎三味, 安藤直方:小鳥と金魚,1904,裳華房
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480535/jpn
posted by yanagisawa at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

文鳥の歴史 その2

1854年の日米和親条約によって日本の鎖国は終わった。Ingvar Svanbergによると、欧米から来た商人たちは白い飼い鳥(十姉妹)での存在におどろき、これを買い求めて欧州に送った。1860年にはロンドン動物園が白十姉妹を購入している。

Ingvar Svanberg, “Towards a Cultural History of the Bengalese Finch (Lonchura domestica),” Zoologische Garten N.S. 77 (2008), pp. 334–344.
http://www.east.uu.se/staff/ingvar_svanberg.html

このことから、1860年(あるいはその少し前)の時点では、白文鳥は存在しなかったか、まれな存在であったのだと、推測される。「大江戸飼い鳥草紙」(細川博昭)によると、鳥の愛好家と鳥商人たちの間には情報網があったようなので、白十姉妹を購入しながら、白文鳥に気づかないとは考えづらい。

白文鳥の起源には、愛知県弥富においてノーマル文鳥から突然変異で生じたという説と、白い部分の多い文鳥を交配することで段々と生まれたという説がある。私はどちらかと言えば、(弥富における発祥譚はともかくとして)突然変異ではないだろうかと思っている。が、漸進的に白くなっていったという説に注目してみる。

漸進説が広まったのはつぎの文献の影響か。

黒田長禮:ブンテウに就いて,鳥Vol.9 , No.45(1937)pp.478-484_1
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=jjo1915&cdvol=9&noissue=45&startpage=47

川口清五郎:諸鳥飼養全書,1903,博文館
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000480659/jpn

諸鳥飼養全書は文鳥について詳しく書いてあり、時期的にみてもこれが元になっているのかもしれない。また、白文鳥について記述してある日本語の書物としても、もっとも古いように思われる。以下、この書物の引用。(表記はいい加減)

「種類に純白の分がある。これをもっとも上等となす。また、鼠に白の挿し毛の分もある。純白は一の変種であるが、最初うす黒の分に白の挿し毛がの分ができしは、今より百年前のことであるが、それより、あいの子にあいの子と、白の挿し毛の多い分と漸々交尾せしめて白の方を多くし、数十年の歳月をかけて遂に純白のものを出すに至った」

この時点でパイド(またはサクラ)文鳥も存在することがわかる。またこの本には「本場(尾張)に於ける文鳥の飼養方」も書いてあり、興味深い。

では、白文鳥誕生以前に部分的に白い文鳥が存在したのだろうか?

川原慶賀(1786-1860以降)がシーボルトの注文によって描いた文鳥には、白い羽を見ることができる。

20090426b.jpg

http://www.nmhc.jp/keiga01/
これは花鳥画ではなく、博物学的な資料として描いたものなので、このような文鳥が当時の日本に存在したのは確実だろう。
posted by yanagisawa at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史

2009年04月25日

文鳥の歴史

文鳥飼育の歴史について調べたが、整理できていないので、結果だけいくつかランダムに書いておくことにする。(今後しばらく、とりとめなくだらだらと書き続ける予定)

まず、白文鳥についてのいちばん古い記録はたぶんこれ。

March 28,1866.
"There was sent for exhibition an almost pure white finch, a so-called Japanese sparrow, recently brought to this country;-the bird closely resembled the well-known "Java sparrow," of which, indeed, the specimen seemed merely to be a white or perhaps albino variety. "

Jhon Alex Smith: Orinithological Notes,
Proceedings of the Royal Physical Society of Edinburgh(1867),p393
http://openlibrary.org/b/OL20535386M/Proceedings-of-the-Royal-Physical-Society-of-Edinburgh

たとえば、1963年12月27日に江戸を出た第二回遣欧使節団は1964年3月13日にパリに到着している。1869年のスエズ運河完成までは、航海に必要な時間はそれほど変わらなかったはず。

1866年5月の報告書に"recently brought"と記載されていることから、この白文鳥は、おそらく1865年頃に日本を出たと考えられる。

弥富市の白文鳥発祥地の碑にはつぎの記載があるとのこと。

「白文鳥は文鳥村として古くから知られた又八部落が日本唯一の白文鳥発祥地である 由来は尾張藩の某武家屋敷に女中奉公をして居た(八重女)が元治元年大島新四郎方に嫁入りした時櫻文鳥を持参した 其の後又八部落を中心に近郷の人々が文鳥飼育を広め明治初年頃になって遺伝の突然変異により純白の文鳥が生まれたものを苦心改良を重ねて現今の純白な白文鳥の定型化に成功した 弥富町の誇りは 此の先覚者達の努力に深甚の敬意を表すると共に 長年にわたる伝統の成果である白文鳥を弥富町の特産物として発展させることを誓って此の碑を建立する
         昭和四十五年 十一月 建立 」
http://www1.kcn.ne.jp/~ozaki3/newpage43.htm

しかし、元治元年(1864年)というのは上述の報告を考えると無理なように思え、この伝承がどこまで真実なのかよく分からない。それからどうでもいいことだが、弥富市はなぜか元治元年=1865年としていて、それがウィキペディアなどに伝染している。

元治元年というのは禁門の変があり、その結果、長州征伐の勅命が下り、尾張徳川家がその総督に任じられた年だ。したがって、尾張藩は騒然としていたはずで、女中に暇をだしたり、飼っていた鳥を処分したりなどということがあちこちであったのかもしれない。
posted by yanagisawa at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史