2012年01月04日

今日のララビス

2012010411.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月01日

あけましておめでとうございます。


2012010111.jpg

ララビスとごんちゃんも、元気です。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月31日

文鳥と九官鳥


2011123101.jpg
このところずっと、ララビスが、ごんちゃんのケージに入りたがっている。

2011123102.jpg
ごんちゃんは嫌がって、威嚇する。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月24日

引越し

2011112401.jpg

群馬県に引越しをした。ララビスもごんちゃんも、新しい部屋に少し戸惑ったようだけど、すぐになれたようだ。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月07日

テレビでやってた映画「悪人」の感想

ひさしぶりにテレビ番組をみた。映画「悪人」(たぶんカットされた版だと思う)。原作を読んでいないし、もとの映画もみていないけど、感想をかいておこう。

前半は、地方都市と主人公のしょぼさ、大学生と若い女性の嫌な感じがよく出て楽しめた。後半は、美しい風景+本当の愛みたいな感じで、私には退屈だった。

被害者の若い女性の鼻につく言動はいかにもで、良かった。ただ、大学生の車から追い出されたあと、男の車に拾われるのを拒否する場面は、工夫の余地がある。

たとえば、さっきまでいた友達に携帯で迎えに来てもらおうとし、プライドのために大学生に捨てられたといえず、「男の車にのってきたけど、男が強引に迫ってくるので、拒否して降りた」と嘘をいって男の悪口をつづける。それをきいた男が携帯をとりあげようとして、携帯は谷に落ちてしまう。そこで、女は被害者スイッチが入り、通りがかる車に性暴力の被害を訴えて助けを求めようとするが、男は口をふさいで車に乗せようとする。男に抑えつけられた時点で、女は、プライドを保つために演じていた恐怖が、真の恐怖に変わり、必死で逃げようとし、もみあっている中で下に落ち、頭を打ち死亡する。男は怖くなって、その場から逃走する。とか。

(これは必ずしも「殺人」といえない場面だが、世間では「殺人事件」として話がすすみ、おとこも自分が「殺人犯」になってしまった、と考え、見る人は歯がゆく感じる)


女を置き去りにした大学生は、後半では、酒を飲んで笑ってるだけで、ちっとも悪人らしくなかった。

むしろ、自分にも責任の一端があると、涙ながらに被害者の父親に謝罪し、葬儀でも泣いてみせる。しかし、話は彼にとって都合よく改変され、また涙を流して悩む自分をアピールする姿勢が見え、やがて、もてた結果の武勇伝として自慢にしはじめる。というほうが良い。

被害者の父親は中途半端で、いらない気がした。むしろ、ワイドショーの内容を本気で信じて、「犯人は許せない」と薄っぺらな正義を叫ぶ小市民的人物にしたほうが、生きてくると思う。

それから、犯人と一緒に逃げる女が割りと美人なのが、最大の欠点だった。これはぜひ、太った不細工な女で、「高校も中退してちゃらんぽらんに生きている妹が、幸せをつかみかけているのは許せない。」みたいなルサンチマンとネガティブな正義感にみちた女性にすべき。処女厨の女性版みたいな。それで、金髪とか肉体労働者を軽蔑しきっているところから、男との関係がはじまる。あと、交番の窓からは颯爽と、晴れ晴れとした表情で逃げてほしい。

犯人が最後、女の頸を絞めるなら、解体現場で発作的な破壊をするとか、それなりの準備がほしい。あれだけだと、木に竹をついだ感じしかしない。灯台の場面は、ださいのでいらない。樹木希林はおもしろいけど、演技派的な場面より、ふつうの老婆の場面がよかった。そんな感想でした。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月19日

くちばしが伸びてきた

ララビスのくちばしが右端だけ不自然に伸びている。

2011101901.jpg

2011101902.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月08日

出会い系詐欺について

ツイッターで jhy_power というアカウントからフォローされたので、こちらからもフォローしたところ、次のような経過であった。ここに記録しておく。

続きを読む
posted by yanagisawa at 21:49| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月23日

昂奮する文鳥





ララビスはパソコンの周辺を巣だと見なしている。
その辺りで指をひらひらさせると、ララビスは昂奮する。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 12:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月10日

ララビスは

相変わらず元気。

2011091011.jpg

今日の様子。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月24日

指をかむ文鳥

2011082301.jpg

2011082302.jpg

ちょっと痛い

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月26日

数学オリンピック、2011年、問題3

今月、オランダで、世界中の高校生が数学の能力を競う、国際数学オリンピックが開かれた。このコンテストは、2日間にわたって、9時間で6問を解くもの。そのうち、問題3をやってみた。

かなり解きづらかった。特別な発想が必要なわけではなく、高度な論証が必要なのでもない。しかし、解きながら迷子になりやすく、自分の方針が正しいのか、終盤まで確信がもてなかった。


続きを読む
posted by yanagisawa at 04:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月16日

珍粉漢文あるいは、Greek to me(ブンチョウの学名について)

ブンチョウの学名はLonchura oryzivora。

λογχη(logkhe)はギリシャ語で槍先、ουρα(oura)はギリシャ語で尾の意味。これらの合成で、lonchuraとなった。ただし、Oxford Greek-English Lexiconによれば、ουραは鳥の尾羽の意味では使わない。誤った用法、のもよう。

(Joel Ellis Holloway, "Dictionary of birds of the United States"による。)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月13日

文鳥の爪の切り方のコツ

ララビスの爪を切った。これで10回目くらい。あまり上手くないけど、慣れてきたので、以前のような苦労はない。自分で気をつけているのは、次の点。

2011061301.jpg

(1)飼い主が動揺しない。
爪を切ろうとそわそわして及び腰でつかまえると、うまく行かないです。「爪きりたい人この指止まれ!」といって指をだすとララビスは、飛んでくるので、これで合意成立ってことで、堂々と保定します。

(2)確実に保定する。
爪きりの難しさは、つまり保定の難しさです。手の中でもがかれたときに、つかむのを緩めてしまうと危ないです。逆に力んでしまってもダメ。文鳥の羽毛の下の肉体とか骨格を、理解してると固定しやすいです。とくに頸の部分は見た目と実際がかなり違うので、その辺の感覚が分かると、保定しやすくなります。

(3)保定してから迷わない。
それぞれの爪の状態をあらかじめ観察しておいて、イメージトレーニングをしておきます。保定をはじめてから、どうしようと迷ってると、上手く行かないです。全部切るのが大変なら、切る指を決めておきます。

(4)咬まれても気にしない。
爪を切っているときに咬み付かれた場合、もち方を変えて、位置を直してからなどとやっていると上手く行かないです。ちゃんと保定できていれば問題ないので、文鳥には咬ませたまま、爪きりを続行します。

(5)そのほか
出血対策の線香はつけません。出血した場合は、その時点で線香に火をつけても間に合うので。線香の煙で文鳥が気配を感じてしまいます。目隠しもしません。爪を切ったくらいで嫌われるというのは、全くないです。ララビスは、保定を解いても、そのまま手の中にいつづけます。

以上、あくまでもうちの文鳥の場合でした。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月10日

爪が長くなった

そろそろ切ろう。

2011061001.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月30日

換羽のおわり

慢性的な換羽なんじゃないかというほど、長いこと換羽で、前兆みたいなのは2月くらいから。本格的な換羽は4月からだったから、ずい分長かった。ララビスは別に辛くなさそうなのが救いだが、そろそろ、終わりか。

2011053001.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ 
posted by yanagisawa at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月20日

ツイッターを使いはじめた。

ブログにくらべると、ツイッターは言い捨てに近いのかな。よく分からないけど。
@rarabis http://twitter.com/#!/rarabis

2011042001.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 11:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月17日

暖かくなって

この頃、パソコンのディスプレイの上にいることが多い。

2011041202.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月12日

桜が咲いた

近所の川べり。田舎なので、あまり人もいなくてのどか。

2011041201.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ 
posted by yanagisawa at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月06日

双葉町民避難時犬猫遺棄強要とのこと(2)

アクセスが多かったので、補足的にまとめを書いておきます。

前回記事 双葉町民避難時犬猫遺棄強要とのこと
http://rara-avis.sblo.jp/article/44109377.html

今年3月11日の大地震によって、福島第一原発が危険な状態におちいった。福島第1原発がある福島県双葉町は12日から、全町民約6900人のうち約2200人が同県川俣町の避難所6カ所に分かれて避難していた。

18日、双葉町はさいたまスーパーアリーナに移転することを決めた。埼玉県バス協会が用意した大型バス40台が19日午前4時半、さいたま市浦和区の県危機管理防災センターを出発。川俣町内で避難生活を送っていた人々を乗せると、同午前10時から11時半にかけて現地を後にし、さいたま市に向かった。
(報道による。)

この際、バスにはペットの同乗をみとめなかった。そのため、ペットとともに避難を希望する人は自家用車によって、さいたまスーパーアリーナに移動した。さいたまスーパーアリーナはペットの持ち込みを禁止したため、駐車場でペットを飼う人が多くいた。
(いろいろなブログ記事による。)

28日、犬猫愛護団体「風の夢」の山崎氏と鈴木氏が、アリーナを訪問した。鈴木氏が、あるいわき市の男性から、次の話を聞かされた。

「双葉町50名の被災者の方々が、犬猫と共に、双葉町から双葉町のバスで、埼玉Sアリーナに向かう途中、東北自動車道の小さい山がいくつか続く辺りで、突然、今から30分で犬猫を山に放せと言われ、みなさん泣く泣く、犬と猫を山に放した。議員17名の会議で、このような残酷で違法な策になった。」

ただし、このこのいわき市の男性が直接体験したのではなく、伝聞。双葉町の議員定数は12名で、現在欠員1名だから「議員17名」が何をさすのかは不明。

その時アリーナにいた双葉町の人には事実の確認はしなかった。鈴木氏は、風の夢の関係者の今木氏に、その話をした。今木氏はその事をインターネットの掲示板、メールなどで犬猫愛護関係の人々に広めた。
(「風の夢」による。)

犬猫愛護団体「アニマルエイド」がこの情報をうけとった。関係者のピーすけ氏とともにこれは事実であるとして、広めるように呼びかけた。
この際
「狭い村社会の中で、やっと勇気を振り絞って告白してくれたに違いないので、直接、その告白した住民を確認するのは難しいかもしれません」
などの推測が付け加えられた。
また4月1日ころまでは、アニマルエイドとピーすけ氏は、風の夢が情報源であることを伏せて拡散を呼びかけたた。
(「アニマルエイド」と「柴犬のむく14歳。with パーマン」による。)

ネット上で、議員あるいは役場が高速道路の途中でバスを止めさせ、町民に遺棄を強要したとの話が急速に広まった。その際、推測と事実が区別されず、議員と役場を非難する声が強まった。
(インターネットのさまざまなサイトによる)

アニマルエイドは福島県、埼玉県、双葉町に電話、電子メールによる問い合わせを行った。
福島県は、
「遺棄を強制したことは絶対にない。(住民の判断による)遺棄があった可能性は否定できない。」
埼玉県は、「そのような事実はない。」
双葉町は、「遺棄を強制したことはない。遺棄自体もなかった。」
と回答した。
アニマルエイドとピーすけ氏は、このことから「福島県庁は遺棄の事実を認めています」と主張している。
(アニマルエイドと柴犬のむく14歳。with パーマンによる。)

風の夢の山崎氏は、アリーナから埼玉県の高校に移転した双葉町の避難所に行き、聴き取りをした。双葉町の総務課は
「動物を捨てさせたと言う事実は絶対にありません」
と回答した。同避難所にいる町民には、質問をしなかった。唯一の証人であるいわき市民とは連絡とっていない。
(風の夢による。)

以上がいままでの流れ。インターネット上ではおおむね、噂は事実ではないと見なされ、拡散を呼びかけた記事の多くが、すでに削除されている。
風の夢、アニマルエイド、ピーすけ氏は、これ以上事実関係を調査する意思はないようだ。しかし、話がデマであったとは認めていない。

まとめると
いわき市男性:双葉町は遺棄を強要した、という話を聞いた。(その後行方不明)
双葉町民:(発言なし)
福島県:遺棄の強要は絶対にない。
埼玉県:そのような事実はない。
双葉町:遺棄の強要は絶対にない。

風の夢
http://www.fu-noyume.sakura.ne.jp/
アニマルエイド
http://animaleido.web.fc2.com/index.html
柴犬のむく14歳。with パーマン(ピーすけ)
http://ameblo.jp/ko-mn/

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ 
posted by yanagisawa at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月05日

一晩抱いただけで、冷めてしまうなんて。

はやりの節電とかいうものをしてみようと思って、暖房をせずに昼間から湯たんぽを抱いていると、なかなか楽しい。

2011040501.jpg

ララビスはパソコン機器の上で暖をとっている。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ 
posted by yanagisawa at 23:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記