2017年01月16日

ララビス逝去

今朝、ケージの中で、ララビスは落鳥していた。

八歳と四ヶ月だった。

前回の記事に書いたように、老化して体力の衰えは見せたものの、私には老後を楽しんでいるように見えた。まだまだ長生きしてもらうつもりで、つい最近もララビスの餌をあれこれ買って、どれを気に入るだろうかなどと考えていた矢先だった。

昨晩もいつものように、私の手や頭の上で遊んで過ごした。一時間ほど遊んだあと、おやすみと言ってケージに戻した。そしてそれが最後のおやすみになってしまった。

朝、ケージの底に横たわるララビスの体を持ち上げると、ふかふかとして柔らかく、ただ安らかに眠っているように思えた。どうにも死を受け入れる気にはならず、ぼーっとしている内に一日が経った。

ララビスというのは、以前住んでいたアパートの名前だった。ラテン語で rara avis、珍しい鳥という意味だ。

ラテン語に、"Amicus verus est rara avis" という格言がある。「本当の友だちは珍鳥だ(まれだ)」という意味だが、私にとっては、「本当の友だちはララビス」だ。

それで、墓碑銘代わりに"Amicus verus est Rara Avis"と書いた紙に包んで、庭に埋めてあげた。

さよなら、ララビス

2017011601.jpg

おとといのララビス
posted by yanagisawa at 18:03| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月14日

ララビスの老化

ララビスは、昨年九月に八歳となった頃から、老化の様子を見せるようになってきた。

まずあまり飛ばず、飛んでも着地に失敗することが多くなった。

ケージからも出たがらない。

手の上にのせると、いつまでもそこにいて、ウトウトし始める。

2017011403.jpg

2017011404.jpg

それから、くちばしや目の周りの色が薄く、赤色が肌色っぽい。

べつだん辛そうな様子はなく楽しそうにしているので、このまま平穏な老後を過ごしてほしいと願っている。

2017011405.jpg
posted by yanagisawa at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月16日

ララビスは八歳になりました

2016101601.jpg

ララビスの誕生日は9月1日頃なので、先月で8歳になりました。文鳥としては老人になりますが、元気な様子です。

2016101602.jpg

若いころと比べると、ケージからあまり出たがらなくなりました。それから、手で簡単ににつかまえることが出来て、手の中でいつまでもごそごそしています。
posted by yanagisawa at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月05日

悪魔の証明

「悪魔の証明」という、ある事物や現象が存在しないことの証明を意味する言葉があります。今世紀になってネット上で広まった俗語なのですが、学問的な基礎をもつ高級な言葉であると信じている人を多く見かけます(ました)。
続きを読む
posted by yanagisawa at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

TOEIC体験記(2)

以前TOEICを受けたことを記事にしましたが、その後、何回か受けました。3月に受けた試験で、900点を超えるという目標を達成できました。

2016040401.png
続きを読む
posted by yanagisawa at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月01日

9月1日はララビスの誕生日です。

7歳になりました。

DSC_5368small.jpg

文鳥としては老齢になるのでしょうが、行動は、老人というより小学生に近いです。

DSC_5328small.jpg

庭で取れた稗の穂をあげました。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月14日

タイに行ってきました。

3月にタイ旅行に行きました。北部のチェンマイとチェンライという町に行きました。何度か見かけた飼い鳥は、みなコウラウン(紅羅雲)でした。東南アジアでは、多く飼われている鳥です。昔は日本にも輸入されていましたが、最近はほとんど見ません。

2015061421.JPG

2015年タイ旅行日記 http://thai2015.sblo.jp/

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ララビスの1年

ララビスはいま6歳で、今度の9月で7歳になります。

この一年で、手でつかまれるのを嫌がらなくなってきました。その日の気分によって違いますが、いわゆる握り文鳥になることが多いです。

2015061411.jpg

2015061412.jpg

2015061413.jpg



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

換羽のおわり

ララビスは5月に入ったあたりから換羽がはじまって、そろそろ終わりそうな気配です。

2015061401.jpg 換羽中

2015061402.jpg いま

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月29日

土岡春郊 (土岡泉)の『鳥類写生図譜』

古本屋で『鳥類写生図譜』(小泉勝爾、土岡春郊、鳥類写生図譜刊行会)を買いました。古書店では、不揃いで何の絵かもよく分からないということで、格安で入手できました。

2014062901.JPG

続きを読む
posted by yanagisawa at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月08日

鳥の版画(Audebert & Vieillot)を買いました

2014060801.jpg.JPG

鳥の銅版画を買いました。美術店によると、ドイツのアウグスブルグで開催される美術オークションで入手したもので、20世紀ドイツのものとのことでした。実際は、オードベル(Jean-Baptiste Audebert)とヴィエイヨー(Louis Jean Pierre Vieillot)が1800年ごろにフランスで出版したものだと思います。

昔は欧米では、図鑑は小冊子として雑誌のような形態で発行され、製本は購入者にまかされていたようです。その図版を美術品として額装して飾ることが多く、これもそのようにして保存されていたのでしょう。

オードベルとヴィエイヨーについては、日本語では情報が少なくてよく分かりません。未読ですが、荒俣宏『黄金の鳥』 くらいでしょうか。

続きを読む
posted by yanagisawa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月07日

換羽終わりました(ほぼ)

ララビスは、ここ2カ月くらい換羽中でしたが、終わりつつあります。

2014060701.jpg.jpg

2014060702.jpg.JPG

昔と比べると、穏やかな換羽で、それほど不機嫌にもなりませんでした。

2014060703.jpg.JPG

2014060704.jpg.JPG

換羽中はゆで卵をよく食べていました。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

posted by yanagisawa at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月07日

TOEIC体験記

3月に受けたTOEICの結果が出ました。リスニングが470/495、リーディングが410/495、で合計880/990でした。3か月くらいの期間、勉強したことを書いておきます。

2014040701.jpg.jpg続きを読む
posted by yanagisawa at 15:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月05日

双子素数予想の解決は近い(かも?)

約数が2つだけしかない正の整数を素数と呼ぶ。素数は、小さいほうから、

 2, 3, 5, 7, 11, 13...

と無限につづく。

では、隣り合った二つの数が二つとも素数になることはあるだろうか? それは、(2, 3)のペアしか存在しない。(N, N+1)のどちらかは偶数になってしまうが、偶数の素数は2だけだからだ。

そこで、距離が2であるような二数(N, N+2)がともに素数になるようなペアを考えてみよう。このようなペアは、多くの例が知られている。

 (3, 5), (5, 7), (11, 13), (17, 19), ...

このペアになる素数(N, N+2)を双子素数(ふたごそすう)と呼ぶ。双子素数はいくつ存在するだろうか? 多くの数学者は無限に存在すると考えているが、まだ証明されていない。
続きを読む
posted by yanagisawa at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月16日

昭和の文鳥ブーム

昭和30年代、40年代には小鳥を飼うことが流行したらしいです。私はよく知らないのですが…(←若いふり)

194474118.jpg

その頃の画像をここに載せておきます。

続きを読む
posted by yanagisawa at 19:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ボブリシャス‐可愛い汚嬢さん

ボブリシャスという人がスパゲッティを食べる姿があまりにだらしなくて、惹き付けられてしまった。



続きを読む
posted by yanagisawa at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月11日

そうだ、TOEICを受けよう

英検の勉強をして面白かったので、こんどはTOEICを受けてみようと思いました。TOEICというのは英検と並んで有名な英語の資格試験で、大学生や社会人は英検よりもTOEICを受けることの方が多いようです。リスニングとリーディングそれぞれ100問ずつあって、その結果を990点満点のスコアに独自の方式で換算するテストです。

続きを読む
posted by yanagisawa at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月19日

顔文字に使われる文字を説明します。


【変換】すうがく 【解説】数学で使われる記号。「任意の」という意味。英語でArbitraryまたはAnyであるため、Aの活字を逆さにして使った。【用例】(・∀・)
続きを読む
posted by yanagisawa at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月15日

晩秋のララビス

2013121510.jpg

2013121511.jpg

2013121513.jpg

2013121514.jpg

2013121515.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

英検準1級体験記(二次)

英検準1級合格しました。二次試験はまったくできずに落ちたと思っていましたが、面接官が大甘の採点をしてくれたのでしょう。どのくらい出来なかったのかというと、アタマが真っ白になって、自分が何を話したのか憶えてないくらいです。

そんなわけで、以下まったく説得力が無いですが、面接にそなえて練習した内容です。
続きを読む
posted by yanagisawa at 16:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記