2014年06月08日

鳥の版画(Audebert & Vieillot)を買いました

2014060801.jpg.JPG

鳥の銅版画を買いました。美術店によると、ドイツのアウグスブルグで開催される美術オークションで入手したもので、20世紀ドイツのものとのことでした。実際は、オードベル(Jean-Baptiste Audebert)とヴィエイヨー(Louis Jean Pierre Vieillot)が1800年ごろにフランスで出版したものだと思います。

昔は欧米では、図鑑は小冊子として雑誌のような形態で発行され、製本は購入者にまかされていたようです。その図版を美術品として額装して飾ることが多く、これもそのようにして保存されていたのでしょう。

オードベルとヴィエイヨーについては、日本語では情報が少なくてよく分かりません。未読ですが、荒俣宏『黄金の鳥』 くらいでしょうか。

(以下、とりあえず、画像だけ載せておいて、あとで書き足すつもり。)

2014060802.jpg.JPG どれも、銅版画に手彩色です。

2014060803.jpg.JPG

2014060804.jpg.JPG

2014060805.jpg.JPG

2014060806.jpg.JPG

2014060807.jpg.JPG

2014060808.jpg.JPG

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99228144

この記事へのトラックバック