2012年01月14日

白文鳥はいつ誕生したのか?(2)

1865年2月27日付けのロバート・スウィンホーの記録につづいて、いくつか白文鳥の記録がのこっているので、それを紹介する。

1866年5月22日発行の『エジンバラ王立物理学会報』のなかにある、ジョン・アレックス・スミスによる「鳥類学短報」は次のように記している。

March 28,1866.
"There was sent for exhibition an almost pure white finch, a so-called Japanese sparrow, recently brought to this country; the bird closely resembled the well-known "Java sparrow," of which, indeed, the specimen seemed merely to be a white or perhaps albino variety. "
Jhon Alex Smith:"Orinithological Notes",Proceedings of the Royal Physical Society of Edinburgh(1867),p393

1866年3月28日
日本スズメと呼ばれる、ほとんど純白のフィンチが、展覧会のために近頃わが国に運ばれてきた。よく知られた文鳥にとても似ていて、実際、白色あるいはおそらくはアルビノの文鳥と思われた。

「近頃」というのがどのくらいか分からないが、記載誌の前の号は、同年2月28日の発行であるから、数ヶ月前という程度か。

1868年2月28日発行の『週刊・園芸』という雑誌のバードショーの記事もある。

"We have much pleasure iu again recording the annual exhibition of Canaries and British and foreign birds at the Crystal Palace, which opened on Saturday last, and will continue until Friday.

The Foreign birds are not so well represented this year. There are some very beautiful Parrots, Cockatoos, and Paroquets. There is also a pair of Java Sparrows pure white, belonging to Mr. Hawkins, which attracted much attention. "
THE JOURNAL OF HORTICULTURE,1868年2月20日木曜日

クリスタル・パレスで毎年恒例のカナリア・その他の鳥の展覧会が、うれしいことに先週土曜に開幕し、金曜日までの予定です。海外の鳥は、今年は好調ではありません。美しいオウムとインコがいます。それから、ホーキンス氏の純白の白文鳥のペアも注目を集めてます。

とあり、白文鳥が受賞した記録も載っている。このときに出品された白文鳥は、話題となったらしく、複数の書物に記録がのこっている。

"At the Crystal Palace show in 1868, a pair of Java Sparrows were exhibited by Mr. Hawkins, entirely white, with the black head and throat and rose-coloured beak of the grey Java Sparrow, and with the plumage equally soft and downy, and I was told that they were most beautiful birds. The hen had laid four eggs. They came, I believe, from Japan, and were the first brought to England. Since then many pure white specimens have been exhibited."
Dyson, C.E. (1878). Bird-Keeping. A Practical Guide for the Management of Singing and Cage Birds.London

一八六八年、ロンドンのクリスタル・パレスの展覧会で、ホーキンス氏によって、一つがいの文鳥が展示された。一羽は全身が白く、もう一羽は喉と頭が黒く嘴の赤い、灰色の柔らかで滑らかな羽をもった文鳥だった。それは非常に美しい鳥だったときいた。メスは四つの卵を産んだ。その文鳥は日本から初めて来たと信じている。そのとき以来、多くの純白文鳥が展示されている。


年代ははっきりしないが、江戸時代の白文鳥の記録がさらに一件ある。ジェニーが1879年に書いた飼育書、『海外の飼い鳥』の中だ。なんと江戸に来て、繁殖の現場を実見しているのである。

"There are no birds, except canaries, which undergo such marked changes of plumage, when bred in confinement, as Java sparrows, and this is exemplified by the tendency exhibited by most of them either to sport whioe feathers or to become spotted with patches of dirty white and grey. The Japanese are enthusiastic naturalists and great lovers of birds. "

It was at Yeddo that I first saw an extensive bird breeding establishment, and there the manufacture of white Java sparrows was carried on upon a large scale. There were a large proportion of foul-marked birds produced, and these were sold for considerably less than the pure white specimens, a pair of which was presented to me by the courteous proprietor of the establishment.

These birds were bred in double cages, made of narrow strips of bamboo, coated with white chenam−a kind of whitening−and all the fittings were similarly painted, the whole being covered with a white calico case, which effectually prevented the birds seeing anything but their white surroundings, which were said to have a very marked effect upon the progeny.

I am not disposed to deny, nor can I affirm, the correotness of this theory, but my experience gces to prove that whilst these white birds breed more readily in cages than those of the natural colour, yet the white ones very rarely breed true to feather in this country. "
C.W.Gedney: "foreign cage birds"(1879)

カナリアを除けば、文鳥ほど飼育下で羽毛に著しい変化をした鳥はいない。それは文鳥が、白い羽となったり、あるいは汚い白と灰色のまだら模様になったりする事から分かる。日本人は、熱心な博物学者であり、偉大な鳥愛好家だ。

 私がはじめて大きな巣引き場を見たのは江戸だった。そこでは白文鳥の大規模な生産がおこなわれていた。かなりの割合で、染みのある鳥が生まれていた。それらは白文鳥よりずっと安く売られた。

これらの鳥は二重の籠で飼われていた。白く塗られた細い竹ひごと同じく白い器具の全体が、白いキャラコで覆われ、鳥は周囲の白以外には何も見えない。これが生まれる子にはっきり影響するのだという。

私はこの理論を肯定も否定もしない。経験的には、これらの白い鳥は野生の色の鳥より容易に繁殖するが、しかし、白い鳥がその色の子を産むことは少ない。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼鳥の歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53091598

この記事へのトラックバック