2010年12月26日

ザ・カナリア―最新の品種・飼育法・繁殖・ケアがわかる

2010122621.jpg

島森尚子「ザ・カナリア」(誠文堂新光社)を読んだ。

2010122622.jpg 2010122623.jpg

第一章の「カナリアカタログ」が写真が多くて楽しい。カナリアというのは色んな種類があるのは知っていたけれど、それが分かりやすく整理されていた。地方ごとに系統がまもられている、姿勢、巻き毛、体形。特定の対立遺伝子によって決まる、有覆・無覆、リポクローム色素、メラニン色素、構造色、冠羽。これらに着目すると、カナリアの品種が分かる。

第二章のカナリアの歴史と文化は、ページが少なすぎる。たぶん筆者の主要な関心はここにあると思うので、もっと詳しく書いてほしい。

それにつづく飼育、餌、健康などについては、オーソドックスで他の小鳥の飼育書とおおむね共通した内容。

それから、参考文献がついているのが特徴。できれば、筆者による解題をつけてほしかった。例えば岡田利兵衛他「小鳥」朝倉書店、とだけ書かれてもこの本のすごさが伝わらないと思う。



 楽天ブックス アマゾン

posted by yanagisawa at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42259047

この記事へのトラックバック