2019年01月01日

あけまして、おめでとうございます

2019年になってしまいました。早いもので、ララビスが亡くなってから、2年になろうとしています。ララビスを飼いはじめてから10年以上たっているわけで、そんなに昔のことではないはずなのに、と奇妙な気分になります。あの夏に文鳥を飼おうと思わなければ、きっとこの10年間は、まったく異なる10年間だったことでしょう。

DSC_4474small.jpg

ごんちゃんは元気です。ただ、歳をとったせいか、気難しくなって、ケージから出たがりません。ララビスのことは憶えているのでしょうか。ララビスがいなくて、一人ぽつんと寂しいのではないかな、と何となく思っています。
posted by yanagisawa at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
我が家の桜文鳥カメちゃんは、10歳で足も羽も弱ってしまいました。外へ出る事も嫌がってましたが、10月に我が家で暮らし始めたキンカチョウの女子に近づくために痛そうな足でかごの外を歩き回ってます。恋は百薬の長なんだなと、非常に感心示しました。
Posted by りきまる at 2019年01月01日 23:42
りきまるさん
人間もそうでしょうか(笑
Posted by yanagisawa at 2019年01月02日 14:02
かも知れません(笑)
カメちゃんは、足を引きずりながらも、水浴びも恋の歌も頻繁になりました。
Posted by りきまる at 2019年01月03日 21:15
あけましておめでとうございます!
ブログが更新され、ごんちゃんお元気なようで安心しました。
ララビスちゃんが亡くなって2年なんですね…。私も15年一緒に暮らした九官鳥が旅立ってから春で3年です。
なかなかぽっかり空いた心が埋まる気配はありません…。
ごんちゃんの姿また見せてください!
Posted by まきくぅ at 2019年01月16日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185297367

この記事へのトラックバック