2017年01月16日

ララビス逝去

今朝、ケージの中で、ララビスは落鳥していた。

八歳と四ヶ月だった。

前回の記事に書いたように、老化して体力の衰えは見せたものの、私には老後を楽しんでいるように見えた。まだまだ長生きしてもらうつもりで、つい最近もララビスの餌をあれこれ買って、どれを気に入るだろうかなどと考えていた矢先だった。

昨晩もいつものように、私の手や頭の上で遊んで過ごした。一時間ほど遊んだあと、おやすみと言ってケージに戻した。そしてそれが最後のおやすみになってしまった。

朝、ケージの底に横たわるララビスの体を持ち上げると、ふかふかとして柔らかく、ただ安らかに眠っているように思えた。どうにも死を受け入れる気にはならず、ぼーっとしている内に一日が経った。

ララビスというのは、以前住んでいたアパートの名前だった。ラテン語で rara avis、珍しい鳥という意味だ。

ラテン語に、"Amicus verus est rara avis" という格言がある。「本当の友だちは珍鳥だ(まれだ)」という意味だが、私にとっては、「本当の友だちはララビス」だ。

それで、墓碑銘代わりに"Amicus verus est Rara Avis"と書いた紙に包んで、庭に埋めてあげた。

さよなら、ララビス

2017011601.jpg

おとといのララビス
posted by yanagisawa at 18:03| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月14日

ララビスの老化

ララビスは、昨年九月に八歳となった頃から、老化の様子を見せるようになってきた。

まずあまり飛ばず、飛んでも着地に失敗することが多くなった。

ケージからも出たがらない。

手の上にのせると、いつまでもそこにいて、ウトウトし始める。

2017011403.jpg

2017011404.jpg

それから、くちばしや目の周りの色が薄く、赤色が肌色っぽい。

べつだん辛そうな様子はなく楽しそうにしているので、このまま平穏な老後を過ごしてほしいと願っている。

2017011405.jpg
posted by yanagisawa at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記