2013年05月30日

自分の子どものときの字を読む

探し物をしていたら、自分が子どもの頃にかいた絵や字があれこれ出てきて、それを解読していたら面白かった。たぶん幼稚園くらいに書いたもの。

本を作るのが好きだったらしい。これは飛行機の本。

2013053001.jpg

ヒコオキ

続きを読む
posted by yanagisawa at 16:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月25日

スズメの巣立ち雛

2013052501.jpg

2013052502.jpg


公園に雀の巣立ち雛がいた。そういう季節ですねー

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月20日

ズプリーム・ローリー・ダイエットナゲッツ


2013052001.jpg

九官鳥にズプリーム・ローリー・ダイエットナゲットというペレットを与えはじめた。

続きを読む
posted by yanagisawa at 12:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 九官鳥

2013年05月16日

九官鳥に苺をあげた

2013051601.jpg 2013051602.jpg

あまり好きそうではなかったけど、一応食べた。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 九官鳥

バイリンガル

前の記事の絵を描いたのは、私の甥で、タイに住んで、ふだんはタイ語で生活をしている。私とは日本語で話すが、カタコトな日本語で面白い。たとえば……

・行けられない、とどけない(とどかない)
可能動詞があやしくて、また動詞の活用も全般的にあぶなっかしい

・どこにあるよ(どこかにあるよ)、誰いませんか(誰かいませんか)、何もいいよ(何でもいいよ)
疑問の文で助詞が足りない。

・遊ばないませーん、開けてくれて、こわいそうなひと
その他いろいろ聞いていると面白い。

、”〜してくれて” がとくに興味深い。”開けて” も ”開けてくれ” も使うのだから、甥は文法的に、”開けてくれて” という言い方を演繹したのだろう。しかし、日本語では一般に ”する” に対して ”して” という言い方があるのに、”くれる” にはそれがない。そういえば、”くれる” の命令形は ”くれろ” ではなくて ”くれ” だから、下一段動詞としてはちょっと変則的な活用をする。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月02日

ララビスの絵

2013050201.jpg

遊びに来ている幼稚園生がララビスの絵を描いた。けっこう良くかけている。

2013050202.jpg

2013050203.jpg

実物


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記