2022年06月05日

ごんちゃん逝去

今夜、ごんちゃんが亡くなった。16歳と3か月だった。

換羽が始まって、調子が悪そうな感じはあったものの、昼間はいつものように私とおしゃべりしていた。夕方外出して帰ってくると、落鳥していた。

ごんちゃんは以前住んでいた近所のペットショップの看板鳥だった。いつも店頭に籠が置かれて、その中にごんちゃんはいた。値段はたしか、9万円くらいだったと思う。九官鳥って高いんだな、と思った。

ある日、私が店の中で小鳥を見ていると、背後で、九官鳥に話しかけている男がいた。その男は「おはよう。」「ごんちゃん」と何度も呼びかけていたが、九官鳥の返事はなかった。いい加減諦めればいいのに、と思って振り返ると、誰もいなかった。男が九官鳥に呼びかけていたのではなく、九官鳥が私に呼びかけていたのだ。

それからしばらくたって、そのペットショップが閉店することになった。看板鳥の九官鳥の値段は、閉店が近づくにつれて下がっていって、とうとう2万円になった。

私は、それを見てしめしめと思った。当時、九官鳥は、ワシントン条約によって輸入できなくなり、希少価値が高まっている時期だった。ペットショップでは数十万円の値段が付くことが多く、「2万円で買って転売すればもうかるぞ」と思ったのだ。(当時は、ペットを対象としたオークションもあって、割と簡単に転売できた。)

それで、店主に、「この鳥を買いたい」と声をかけた。店主は、どこかに電話をかけ、「九官鳥は他の人に売ることにした」と話し始めた。どうやら、常連の客が九官鳥を引き取ることに話が決まりかけていたのに、それを断って、私に売るつもりらしい。

店主は九官鳥を籠から出して、餌の与え方や世話の仕方を丁寧に説明しだした。「私は生き物が好きだ。あなたも生き物が好きなのを知っているし、九官鳥があなたに馴れているのも知っている。あなたに譲ることにした。」と店主は話し、そう言われると転売するなんてとても口に出せず、だまって、ごんちゃんを家に連れ帰った。

それで、ごんちゃんを家において、面倒を見たり、話しをしたりするうちに、転売する気はなくなってしまい、そのまま十二年間一緒に生活した。

ごんちゃんは、ララビスと違って、気難しいところがあって、写真を撮られるのも好きではなかった。(ごんちゃんの写真が少ないのはそのせい。)

歳をとってからは、ケージから出るのも嫌がり、話す言葉の種類もだんだん少なくなっていった。とはいっても、私が隣にいるときには、機嫌よさそうにおしゃべりしているので、こういう時間が少しでも長く続いてほしいと思っていた。

十六年前、東南アジアのどこかの森で、ごんちゃんは誘拐された。両親の姿も兄弟の姿も覚えていないだろう。気が付けば、ごんちゃんは東京のペットショップの店頭にいた。狭いケージの中で育ったので、結局まともに飛ぶことは出来なかった。子孫を残すことも出来なかった。ごんちゃんがオスなのかメスなのか、だれも知らない。ケージの中だけが、ごんちゃんの世界だった。それでも、その世界に、ごんちゃんの幸福な時間はあったと信じる。
DSC_0871small.jpg
posted by yanagisawa at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 九官鳥

2019年01月01日

あけまして、おめでとうございます

2019年になってしまいました。早いもので、ララビスが亡くなってから、2年になろうとしています。ララビスを飼いはじめてから10年以上たっているわけで、そんなに昔のことではないはずなのに、と奇妙な気分になります。あの夏に文鳥を飼おうと思わなければ、きっとこの10年間は、まったく異なる10年間だったことでしょう。

DSC_4474small.jpg

ごんちゃんは元気です。ただ、歳をとったせいか、気難しくなって、ケージから出たがりません。ララビスのことは憶えているのでしょうか。ララビスがいなくて、一人ぽつんと寂しいのではないかな、と何となく思っています。
posted by yanagisawa at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月16日

ララビス逝去

今朝、ケージの中で、ララビスは落鳥していた。

八歳と四ヶ月だった。

前回の記事に書いたように、老化して体力の衰えは見せたものの、私には老後を楽しんでいるように見えた。まだまだ長生きしてもらうつもりで、つい最近もララビスの餌をあれこれ買って、どれを気に入るだろうかなどと考えていた矢先だった。

昨晩もいつものように、私の手や頭の上で遊んで過ごした。一時間ほど遊んだあと、おやすみと言ってケージに戻した。そしてそれが最後のおやすみになってしまった。

朝、ケージの底に横たわるララビスの体を持ち上げると、ふかふかとして柔らかく、ただ安らかに眠っているように思えた。どうにも死を受け入れる気にはならず、ぼーっとしている内に一日が経った。

ララビスというのは、以前住んでいたアパートの名前だった。ラテン語で rara avis、珍しい鳥という意味だ。

ラテン語に、"Amicus verus est rara avis" という格言がある。「本当の友だちは珍鳥だ(まれだ)」という意味だが、私にとっては、「本当の友だちはララビス」だ。

それで、墓碑銘代わりに"Amicus verus est Rara Avis"と書いた紙に包んで、庭に埋めてあげた。

さよなら、ララビス

2017011601.jpg

おとといのララビス
posted by yanagisawa at 18:03| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月14日

ララビスの老化

ララビスは、昨年九月に八歳となった頃から、老化の様子を見せるようになってきた。

まずあまり飛ばず、飛んでも着地に失敗することが多くなった。

ケージからも出たがらない。

手の上にのせると、いつまでもそこにいて、ウトウトし始める。

2017011403.jpg

2017011404.jpg

それから、くちばしや目の周りの色が薄く、赤色が肌色っぽい。

べつだん辛そうな様子はなく楽しそうにしているので、このまま平穏な老後を過ごしてほしいと願っている。

2017011405.jpg
posted by yanagisawa at 17:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月16日

ララビスは八歳になりました

2016101601.jpg

ララビスの誕生日は9月1日頃なので、先月で8歳になりました。文鳥としては老人になりますが、元気な様子です。

2016101602.jpg

若いころと比べると、ケージからあまり出たがらなくなりました。それから、手で簡単ににつかまえることが出来て、手の中でいつまでもごそごそしています。
posted by yanagisawa at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月05日

悪魔の証明

「悪魔の証明」という、ある事物や現象が存在しないことの証明を意味する言葉があります。今世紀になってネット上で広まった俗語なのですが、学問的な基礎をもつ高級な言葉であると信じている人を多く見かけます(ました)。
続きを読む
posted by yanagisawa at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

TOEIC体験記(2)

以前TOEICを受けたことを記事にしましたが、その後、何回か受けました。3月に受けた試験で、900点を超えるという目標を達成できました。

2016040401.png
続きを読む
posted by yanagisawa at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月01日

9月1日はララビスの誕生日です。

7歳になりました。

DSC_5368small.jpg

文鳥としては老齢になるのでしょうが、行動は、老人というより小学生に近いです。

DSC_5328small.jpg

庭で取れた稗の穂をあげました。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月14日

タイに行ってきました。

3月にタイ旅行に行きました。北部のチェンマイとチェンライという町に行きました。何度か見かけた飼い鳥は、みなコウラウン(紅羅雲)でした。東南アジアでは、多く飼われている鳥です。昔は日本にも輸入されていましたが、最近はほとんど見ません。

2015061421.JPG

2015年タイ旅行日記 http://thai2015.sblo.jp/

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ララビスの1年

ララビスはいま6歳で、今度の9月で7歳になります。

この一年で、手でつかまれるのを嫌がらなくなってきました。その日の気分によって違いますが、いわゆる握り文鳥になることが多いです。

2015061411.jpg

2015061412.jpg

2015061413.jpg



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
posted by yanagisawa at 14:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記